FC2ブログ

you tubeなどの海外無料動画サイトから世界遺産などの名所を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Google Earthで調べる】
BBSへ行く | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ロンドン旅行記】 2日目 ピカデリーサーカス、オックスフォードサーカス 

ピカデリーサーカスオックスフォードサーカス
スポンサードリンク

2日目、4:00頃、目が覚めた。
日本とイギリスでは、8時間時差(サマータイム)があるから、日本時間では12:00。
事務所の人に最後の「なるへそ豆知識」をロンドンから配信する。 そして、事前に何も調べてこなかったので、「地球の歩き方」を見て、お勉強しながら、計画を立てる。

ホテルで朝食を取り、8:30頃シェファーズ・ブッシュから2階建てバス(ダブルデッカー)でロンドンの繁華街であるピカデリーサーカスへ(「サーカス」は「通りの合流点における円形の空き地」の意味)。8:30というのに辺りはまだ薄暗い。

無事、ピカデリーサーカスに到着したが、下の地図でも分かるように、ストリートがいくつも合流しており、 方向感覚が麻痺して、自分がどこにいるのか、まったく分からない。

250px-Piccadilly_Circus.png

ニューヨーク、マンハッタンは、道が碁盤の目になっているから、分かりやすかったが、ロンドンは、道が曲がってるし、交差点に何本ものストリートが合流しているので、攻略が難しいと思った。

なんとか、目印となる「エロスの像」を発見!

2010_1030ロンドン0102

2010_1030ロンドン0168

名前からして、どんだけエロい像かと思いきや、裸の天子の像であった。エロスの像は、ギリシャ神話の愛の神である「エロス」と認識されている。

この像は本来は噴水らしいのだが、設計ミスにより、水を受けるところの幅が狭いため、一度も噴水として使ってないとのことである(水を受けるところにはゴミが散乱している)。今ではロンドンの人たちの格好の待ち合わせ場所として使われている。

エロスの像からREOENT Stをちょっと歩くと「ロンドン三越」がある。ロンドン三越は、日本人向けのオプショナルツアーの集合場所にもなっているので、ロンドンに行く人は、絶対に場所を押さえておいたほうがいい。ロンドン三越の隣には、「ジャパン・センター」もあり、日本の商品を取り扱っている。また、「HISロンドン支店」もロンドン三越の近くにある。

ロンドン三越の地下にある「マイバス」(JTB運営)に行き、「ストーンヘンジ」の半日観光ツアーを申し込んだ後、「HIS」に行き、「魅惑のソーホーナイトツアー」、「ロンドン市内半日観光」のオプショナルツアーを申し込む。

ピカデリーサーカスから、PICCADILLY Stを通り、NEW BOND Stを歩く。NEW BOND Stには多くの有名ブランドが店を構えている。 途中でポール・スミスのショップを見つけたので、店内に入り、パーカーを90ポンド(税込)で購入。

イギリスでは、VAT(消費税)が17.5%する。イギリスにも外国人旅行者にVATを免除する制度があり、商品購入時に「Tax Free Please.」といえば、還付の申請の手続きをしてくれ、出国する際、まとめて空港で申請をすれば、VATが返還される。

ぶらぶら、あたりを散策しながら、オックスフォードサーカスへ

750px-Oxford_Circus_Panorama_March_2006.jpg オックスフォードサーカスは、一年中人通りが絶えない、ロンドンでも有数のショッピング街となっており、たくさんのデパートがある。

オックスフォードサーカスは、ブロンドのロンドン美女たちであふれかえっていた。ニューヨークの美女たちは、腰回りがガッチリしている印象だったが、ロンドンの美女たちは華奢で腰回りが細く、脚もスラーっと伸びていた。カメラに収めようと何度も試みるが、
「うわぁ!美人だぁ!」と思ったときには、もう通り過ぎていて、カメラに収めることができない。。

下の写真は、オックスフォードサーカスから大英博物館に向かう際にダブルデッカーの2階から、なんとか隠し撮りしたものである。

2010_1030ロンドン0103

「2日目 大英博物館」へ続きます。


【Google Earthで調べる】
おーv-237イギリス美女ですなv-238うんv-237カワイイv-266もーチェックが激しいんだからーv-238
[ 2010/11/10 09:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
サイトマップ
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。