you tubeなどの海外無料動画サイトから世界遺産などの名所を紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Google Earthで調べる】
BBSへ行く | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ロンドン旅行記】 2日目 大英博物館 

大英博物館大英博物館
スポンサードリンク

オックスフォードサーカスから大英博物館までバスで移動。バス停を降りて、うろちょろしていると、気がついたら、間違えてロンドン大学のキャンパスに入ってしまっていた。

地図で自分の位置を確認し、大英博物館へ。

大英博物館は、入場料は無料。なお、入り口に募金箱が設置されており、世界各国何処の通貨で投入しても構わない。
大英博物館は、世界最大の博物館のひとつで、古今東西の美術品や書籍など約700万点が収蔵されている(うち常設展示されているのは約15万点)。収蔵品は美術品や書籍のほかに、考古学的な遺物・標本・硬貨やオルゴールなどの工芸品、世界各地の民族誌資料など多岐に渡る。展示品が余りに多岐にわたることから、常設展示だけでも一日で全てを見ることはほぼ不可能。

明治時代に、蔵書家の家で100冊を越える本を見せてもらい、それを家に帰って記憶から書写したという驚異的な記憶力を持つ南方熊楠(みなかた くまぐす)が東大を中退し、独自で大英博物館の展示品を調査したのは有名な話。 この人なら、隋から清の時代まで行われた中国の高級官僚の試験である「科挙」に合格すると思う。
南方熊楠は、大英博物館で暴力事件を起こし、入場禁止となり、帰国した。ちなみに、南方熊楠は、エキセントリックな行動が多く、多汗症から、薄着あるいは裸で過ごすことが多かった。しかし、語学にはきわめて堪能で英語、フランス語、ドイツ語はもとよりサンスクリット語におよぶ19ヶ国語の言語を操ったといわれる。東大で秋山真之、正岡子規、夏目漱石と同級生で「坂の上の雲」にも登場する。

ところで、本題に戻り、海賊国家イギリスが世界中からどんなお宝をぶんどって来たのか、足早に館内を見て回る。しかし、ニューヨークのメトロポリタン博物館のほうが見ごたえがあるように思った。(メトロポリタンは入場料$20ぐらいとられた。)

いろいろ展示してあるが、今から考えれば、もうガラクタにしか過ぎないと思えるものもある。以下、 印象に残ったものをPick Upしていきます。

エジプト展
相変わらず、エジプトの王家の棺桶、ミイラには、多くの人が集まっていて人気だ。
ここまで、きれいな状態で残っているミイラは珍しいらしい。ミイラ化に失敗すると、白骨化するとのこと。
ミイラ

ミイラ

日本展
日本展が開催されているのを発見。メトロポリタンに行ったときは、日本展は閉鎖中だったので、イギリスにどんなお宝を分捕られたのか楽しみに入ってみる。
展示品は歴史を追うように展示されていた。
教科書の写真でしか見たことのない、青銅器や埴輪などが印象に残ったが、時代が近づくにつれ、見ごたえがなくなり、たいした展示物はなかった。
青銅器 埴輪 雷神様 埴輪 埴輪

アステカ・マヤ展
アステカの死の神テスカトリポカの仮面。本物の髑髏をターコイズ(トルコ石)でコーティングして作られているそうです。
テスカトリポカの仮面 ガラガラヘビ アステカ 仮面 アステカ 仮面

どこのセクションの展示物か忘れたもの

巨大な糞転がしの石造
巨大な糞転がし

どこからでも脚が4本に見えるように、脚が5本ある石造。
2010_1030ロンドン0122

2010_1030ロンドン0121

一瞬、ウンコの石造かと思ったとぐろを巻いた蛇の石造
ウンコ

もう歩き疲れて、帰ろうとしたが、最後、見ていないセクションがあったので、しぶしぶ入ってみると、ここに大英博物館の展示物の中でも超大物が・・・。

それは「ロゼッタストーン」です。
ロゼッタストーン

「これ見なきゃ来た意味ないよ」と思いつつ、激写。

ロゼッタストーンとは、エジプトのロゼッタで1799年にナポレオンにより発見された石碑。1801年、イギリス軍がエジプトに上陸してフランス軍を降伏させ、それ以降イギリスの手に渡る。 3種類の紀元前の文字で書かれており、3種類の文字で同じ内容が書かれていると推測され、何人もの学者が解読を試みる。

碑文の内容は、ヘレニズム期のエジプト・プトレマイオス王朝のプトレマイオス5世エピファネス施政下の紀元前196年に開かれたメンフィスの宗教会議の布告を書き写したものとのこと。

この辺で、iphone、デジカメのバッテリーが切れる。

一応、目玉の展示物は、大体見たので、夜の「魅惑のソーホーナイトツアー」の集合場所であるピカデリーサーカスのロンドン三越前に向かう。

「2日目 魅惑のソーホーナイトツアー」へ続きます。
【Google Earthで調べる】
ナポレオンがロゼッタストーンを発見したんだねーv-237博物館とか大好きだから、いいなぁv-266うらやましいv-266私も行きたくなってきたよv-10
[ 2010/11/10 10:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カテゴリー
サイトマップ
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。